新型コロナウイルス感染症への対応について

オープンロジ、独自のWMSサービスを倉庫向けに提供開始

オープンロジ、独自のWMSサービスを倉庫向けに提供開始

クラウドベースで利用可能、ヤフーなどECモールとも連携済み

オープンロジは1月31日、独自のWMS(倉庫管理システム)「OPENLOGI Platform Connect」の提供を倉庫向けにクラウドベースで開始したと発表した。

入出庫や在庫管理に加え、返品処理や未登録商品の処理、破損品確認なども業務も簡便に処理できる。2019年10月から提携している8社の倉庫で試験的に導入した結果、業務効率化の効果が認められたため、正式にサービスとして提供することとした。

ヤフーやeBayなどのECモールとも既に連携しているため、新たにシステムをつなぎ込むコストが不要なこともメリット。WMS利用者には物流資材を割安で販売する。


WMSの概要(オープンロジプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事