新型コロナウイルス感染症への対応について

ヤマハ発動機とティアフォー、工場構内などの自動搬送システム開発へ新会社設立

ヤマハ発動機とティアフォー、工場構内などの自動搬送システム開発へ新会社設立

3月から実運用スタート

自動運転技術開発を手掛けるスタートアップ企業のティアフォー(名古屋市)は3月27日、ヤマハ発動機と工場の敷地内などで物の自動搬送を手掛ける新会社「eve autonomy(イヴオートノミー)」(静岡県袋井市)を共同で設立、4月に稼働を始めると発表した。

ティアフォーが開発を担っている自動運転OS「Autoware(オートウエア)」と、ヤマハが持つ車体開発技術を組み合わせ、より使いやすい自動搬送システムの確立を目指す。

両社は既に、ヤマハの浜北工場(静岡県浜松市)でパイロット製品の共同開発を進めており、今年3月から工場内物流ラインで実運用をスタートしている。新会社が事業を引き継ぎ、ヤマハが国内外に構えている工場へのシステム展開を図る。


無人で工場搬送をする自動搬送車両(ティアフォー提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事