新型コロナウイルス感染症への対応について

JXTGホールディングス、ドローン自動離発着拠点の整備へセンシンロボティクスに出資

JXTGホールディングス、ドローン自動離発着拠点の整備へセンシンロボティクスに出資

23年めどに設備開発や実証実験、再生可能エネルギー供給機能も

JXTGホールディングスは6月12日、ドローン(無人飛行機)の自動離発着が可能な拠点「ドローンステーション」の開発・整備に向け、物流現場など向けロボット開発を担うスタートアップ企業のセンシンロボティクスに出資したと発表した。

センシンロボが手掛けるドローンの自動離発着支援システム「SENSYN DRONE HUB(センシン・ドローン・ハブ)」を活用し、2023年をめどに具体的な設備開発や実証実験を行っていきたい考え。街中にドローンステーションを展開し、ドローンの利用拡大を後押しする。

センシンにはJXTGホールディングス傘下で新分野への投資業務を担当しているJXTGイノベーションパートナーズを通じて出資。具体的な金額や出資比率は開示していない。

ドローンステーションは太陽光発電など再生可能エネルギーの供給拠点としての機能も持たせる計画。JXTGはセンシンと組み、インフラ設備点検や災害時の緊急物資輸送、警備といった分野でのドローン活用を促進していくことも検討する。

JXTGグループが中核に据えている石油事業は環境意識の機運が高まり、燃料需要の大きな伸びが期待しづらいため、新たな分野を開拓していきたい考え。


センシン・ドローン・ハブ※クリックで拡大


ドローンステーションのイメージ※クリックで拡大(いずれもJXTGホールディングス プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事