新型コロナウイルス感染症への対応について

Jリートの三菱地所物流、国内物流施設5件の信託受益権取得へ

Jリートの三菱地所物流、国内物流施設5件の信託受益権取得へ

299・27億円、9月1日付

Jリートの三菱地所物流リート投資法人の資産運用を手掛ける三菱地所投資顧問は8月13日、物件供給スポンサーの三菱地所などが開発した物流施設5件の信託受益権を9月1日付で取得すると発表した。

取得予定額はトータルで299億2700万円。対象は以下の通り。

①「ロジクロス大阪」(大阪市西淀川区、取得予定価格58億7400万円=準共有持ち分の60%)
地上4階建て、延べ床面積3万6619平方メートル、2018年9月完成
イー・ロジットなど2社、稼働率100%

②「ロジクロス名古屋笠寺」(名古屋市南区、87億500万円=準共有持ち分の60%)
地上4階建て、7万2376平方メートル、2019年1月完成
八神製作所など10社、100%

③「ロジポート大阪大正」(大阪市大正区、48億200万円=準共有持ち分17・5%を追加取得し37・5%に)
地上4階建て、11万7045平方メートル、2018年2月完成
東芝ロジスティクスなど11社、99・9%

④「MJロジパーク加須2」(埼玉県加須市、16億3700万円)
地上2階建て、7349平方メートル、1998年12月完成
エムエスジャパン、100%

⑤「MJロジパーク仙台1」(宮城県多賀城市、73億8800万円)
地上4階建て、1万9877平方メートル、2009年3月完成
東邦運輸倉庫など3社、100%


「ロジポート大阪大正」の外観(三菱地所物流リート投資法人ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事