新型コロナウイルス感染症への対応について

JR九州と佐川、新幹線で宅配荷物運ぶ「貨客混載」で基本合意

JR九州と佐川、新幹線で宅配荷物運ぶ「貨客混載」で基本合意

博多~鹿児島中央間、実現に向け実証実験へ

JR九州と佐川急便は8月26日、九州新幹線で宅配便の荷物を運ぶ「貨客混載」を実施することで基本合意したと発表した。

博多駅~鹿児島中央駅間で、佐川の福岡、鹿児島両営業所が実施。専用ボックスに収めた荷物を、車内販売用の商品を置いていた業務用室の余剰スペースに積み込み、両駅でそれぞれ降ろして佐川が営業所まで配送することを検討している。

宅配業務の効率化を図るとともに、新型コロナウイルスの感染拡大で新幹線の利用が減っているため、有効活用を促進する狙いがあるとみられる。今後、実現に向けた実証実験を重ねる計画だ。両社は実施時期に関し、今のところ未定と説明している。


「貨客混載」の概要(両社プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事