新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウス工業、国内物流施設対象のオープンエンド型私募コアファンド設立の検討開始

大和ハウス工業、国内物流施設対象のオープンエンド型私募コアファンド設立の検討開始

年内めど、三大都市圏軸に資産規模3000億円目指す

大和ハウス工業は8月28日、国内の物流施設を投資対象とする新たなオープンエンド型私募コアファンド「大和ハウスロジスティクスコアファンド」を、2020年中をめどに設立する方向で検討を開始したと発表した。

ポートフォリオには大和ハウスが開発する物流施設を組み入れ、70%以上は三大都市圏の案件とする方針。資産規模は3000億円を目指す。

新型コロナウイルスの感染拡大下でもEC利用急増で先進的な機能を持つ物流施設のニーズが依然活発で、売買も活況が続くと予想。既にJリートや海外の不動産を対象とする私募リートで不動産運用を進めており、新たに物流施設特化の私募ファンドを組成して、年金基金など機関投資家からの中長期の投資資金受け入れを図る。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事