新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウス、代表取締役や取締役・監査役の定年から「原則」削除

大和ハウス、代表取締役や取締役・監査役の定年から「原則」削除

コーポレートガバナンスガイドラインを一部見直し、社外取締役は3分の1以上に

大和ハウス工業は10月1日、2015年に導入した企業統治の方針を示す「コーポレートガバナンスガイドライン」を一部見直し、同日運用を始めたと発表した。

代表取締役は69歳、取締役・監査役は67歳と設定している定年に関し、従来の「原則」との表現を削除した。また、取締役会における社外取締役の人数を「2名以上」から「3分の1以上」に増やした。

定員に関する規定の変更は、同社の社長や会長を長年務め、中興の祖と評されていた樋口武男氏が今年6月に82歳で取締役を退任したことも考慮したとみられる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事