新型コロナウイルス感染症への対応について

ドローンファンドが新たなファンド組成、100億円調達目標

ドローンファンドが新たなファンド組成、100億円調達目標

SMBC日興証券、NTTドコモがアンカー、関連企業に投資へ

ドローン(無人飛行機)関連企業に投資、事業展開を支援するDrone Fund(ドローンファンド、東京都渋谷区恵比寿)は10月14日、新たなファンド「DRONE FUND 3号投資事業有限責任組合」(3号ファンド)を今年5月に組成したと発表した。

アンカー投資家はSMBC日興証券とNTTドコモが務め、100億円の調達が目標。9月に出資の一次募集(ファーストクローズ)を迎え、これまでに両社のほか、ソフトバンクや小橋工業、国際興業、リバネスなども参画している。

今後は21年3月に予定している最終募集締め切り(ファイナルクローズ)に向け、資金調達を継続するとともに、新規投資を順次展開していく方針。

同社がこれまでに組成したファンドでは、1号ファンドが15・9億円、2号ファンドは52億円で運用。国内外のドローン関連企業40社以上への投資実績を重ねている。

3号ファンドは「ドローン・エアモビリティ社会実装ファンド ~社会受容性の強化と5Gの徹底活用~」とのコンセプトを掲げている。Drone Funeは「次世代通信規格5Gをはじめ通信インフラの徹底活用などを通じて、フィールド業務の自動化やリモート化などの産業活動のDX(デジタルトランスフォーメーション)を可能とし、ドローン・エアモビリティの社会実装に寄与するテクノロジーへの投資を実行する」と説明している。


ドローンファンド投資先の製品などのイメージ(Drone Fund提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事