新型コロナウイルス感染症への対応について

寺岡精工、最大8オーダーを同時ピック可能なカートを発表

寺岡精工、最大8オーダーを同時ピック可能なカートを発表

はかりで重量検品、商品画像表示し取り間違い回避

寺岡精工は10月28日、最大8オーダーの商品を同時並行でピッキングできる新たな重量検品ピッキングカート「PKMG-4800」を発表した。

従来の4オーダーからさらに作業の効率性を向上。カートにはかりを8個搭載し、それぞれにオーダー通りの商品を乗せることで重量検品も自動的に完了する。同社は自動車・部品メーカーのパーツセンターといった多品種・少量のピッキングを求められる現場で威力を発揮するとみている。

カートに添付の端末画面には商品画像を表示、取り間違いを回避するほか、棚卸しや入庫にも使えるよう、「個数表示(カウンティング)」機能を備えている。

1店舗の指示が完了するごとに、空いたはかりに最適なオーダーを自動的に割り当てている。自律走行型のカートと組み合わせ、ピッキング作業の能率をさらに高めることもできる。


「PKMG-4800」(寺岡精工資料より引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事