動向/展望

192/286ページ

霞ヶ関キャピタル、定款の事業目的に建築設計や不動産鑑定など追加へ

「今後の事業展開に備え」、11月29日の株主総会に提案 霞ヶ関キャピタルは10月25日、定款を一部変更し、事業目的に「建築物の設計、工事監理および調査」や「不動産の管理、鑑定」などを追加すると発表した […]

【独自取材・物流施設デベロッパーのキーパーソンに聞く】プロロジス・山田社長(前編)

「マルチテナント型冷凍・冷蔵倉庫」実現に強い意欲 プロロジスの山田御酒社長はこのほど、ロジビズ・オンラインの単独インタビューに応じた。 山田社長は、物流施設の大量供給が続く中、需給がタイトな現状がいつ […]

トヨタ傘下のウーブン、ドローンなど次世代モビリティ投資ファンドに出資

先進技術の蓄積図る トヨタ自動車傘下で自動運転などの先端技術開発を担うウーブン・プラネット・ホールディングスは10月19日、同社が運営している投資ファンドのウーブン・キャピタルが、米UP.Partne […]

下請け事業者との取引適正化などの「パートナーシップ構築宣言」、参加企業・団体が2000突破

「運輸業・郵便業」は日立物流や西濃運輸、カンダHD、山九など56に 関連記事:政府がサプライチェーン全体での付加価値向上図る「パートナーシップ構築宣言」作成・公表を企業に呼び掛け 経済産業省は10月1 […]

TRUST SMITH、東京大・小野特任准教授と自律走行フォークリフトや搬送ロボットの研究開発を開始

学術指導契約を締結、人手不足解消や事故防止など貢献目指す AI・ロボティクスの技術を活用したソリューションを手掛ける東京大発のベンチャー、TRUST SMITHは10月18日、東京大学生産技術研究所( […]

トヨタ、米国で30年までに車載用電池生産に3800億円投資へ

電動化促進、豊田通商と新会社立ち上げ公表 トヨタ自動車は10月18日、米国で2030年までにBEV(バッテリー電気自動車)用を含む車載用電池の現地生産に約34億ドル(約3800億円)を投資すると発表し […]

1 192 286