上組、ミャンマー・ティラワ港のターミナル運営開始

上組、ミャンマー・ティラワ港のターミナル運営開始

ODAで完成、海外展開4カ国目

上組は6月3日、ミャンマーのヤンゴン近郊にあるティラワ港で日本のODA(政府開発援助)を受け完成したコンテナターミナルの運営を開始したと発表した。

同社はターミナルを保有しているミャンマー港湾公社と今年3月に港湾の運営に関する38年間のコンセッション契約を締結しており、コンテナの揚げ降ろしや一時保管などを担う。同社が海外の港湾ターミナル運営に参画するのはタイ、カンボジア、スペインに次いで4カ国目。グローバル展開の拡大を図る。

同港は日本企業が多数進出しているティラワ経済特区に隣接。ターミナル運営には上組のほか、住友商事や豊田通商、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)も名を連ねている。


6月1日に現地で開かれた開所式式典(上組ホームページより引用)
(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事