センコン物流と富士ロジテックHDが資本・業務提携

センコン物流と富士ロジテックHDが資本・業務提携

成長基盤拡大狙い、施設・車両の共有など推進へ

※富士ロジテックホールディングスが12月12日に発表した内容を踏まえ、一部差し換えました

センコン物流は12月11日、同業の富士ロジテックホールディングス(HD)と資本・業務提携契約を締結したと発表した。富士ロジテックHDも同12日、提携契約の締結を開示した。

東北を地盤とするセンコン物流と、関東や関西などで業務を展開する富士ロジテックHDが組むことで、成長基盤の拡大を図ることが可能と判断した。

センコン物流が富士ロジテックHDに対し、12月30日付で自社の普通株式を約2億9650万円で割り当てる。富士ロジテックHDのセンコン物流への出資比率は8・71%(議決権ベース)となり、第3位の株主に躍り出る。センコン物流は調達した資金を物流拠点の整備・改修や物流機器購入・リースに充てる計画。

業務提携の取り組みとして、両社は施設や車両の共有、物流システムの共同開発などを図る方向。相互で人的交流を進め、人材育成につなげたいとの狙いもある。今後、両社間で詳細を詰める。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事