新型コロナウイルス感染症への対応について

【動画】ZMP、警備ロボットに参入

【動画】ZMP、警備ロボットに参入

宅配などの技術活用、20年5月にサービス開始へ

自動運転技術開発のZMPは12月24日、新たに警備ロボット「PATORO」を開発したと発表した。

同社はこれまで、倉庫内の搬送や宅配など向けのロボットを手掛けてきた。宅配ロボットはオフィスビル内でエレベーターと連動して自動的に階を移動できるようにしており、さまざまな技術を投じて屋内外を問わず警備に当たることを可能としている。

カメラによる映像撮影や記録、騒音や異常音の検知、火災検知などの機能を搭載した新型ロボットは2020年5月にサービスを始める予定。


「PATORO」の外観(ZMPプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事