新型コロナウイルス感染症への対応について

高速のハイウェイラジオ、スマホアプリで提供の実証実験開始

高速のハイウェイラジオ、スマホアプリで提供の実証実験開始

NEXCO東日本と日本道路交通情報センターが共同で、事故や落下物など緊急情報を自動配信

東日本高速道路(NEXCO東日本)は10月29日、日本道路交通情報センター(JARTIC)と共同で、高速道路を走るドライバー向けに放送しているハイウェイラジオをスマートフォンの無料アプリ「E-ハイラジ」で提供する実証実験を開始した。

対象区間は京葉道路、東関東道(高谷JCT~潮来IC)、新空港道。従来のハイウェイラジオは看板が立っているエリア周辺でのみ聴取できるが、アプリは高速道路本線上のどの場所を車が走っていても情報を取得することが可能なため、両者はドライバーが緊急時の危険回避や適切な走行ルート選択により役立てられると期待している。

アプリは進行方向の通行止めや渋滞などの道路交通情報を配信。スマホの音声再生機能でラジオのように聴くこともできる。事故や落下物など緊急の情報も自動で迅速にドライバーへ伝える。iPhoneとAndroidの両方に対応している。

日本語のほか、英語や中国語、韓国語、タイ語でも情報を発信、外国籍の人でも使えるアプリにしている。


アプリの概要(NEXCO東日本ウェブサイトより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事