メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三井不動産、新たに全国で物流施設7件を開発へ

三井不動産、新たに全国で物流施設7件を開発へ

東京や神奈川など、累計投資額は6100億円に

※この後、詳細を追加した続報を配信する予定です

三井不動産は3月4日、東京都内で今後の物流施設事業の方針に関する説明会を開催した。

今後、国内で新たに7物件を開発する方針を明らかにした。同社は「2012年から年間平均約5物件のペースで新規開発を行ってきたが、2021年以降は新規物件の開発を加速させ、さらなる事業拡大を進める」と強調した。

同社がロジスティクス事業として開発・運営する施設は竣工稼働施設が国内31、延べ床面積が約250万平方メートル、開発中施設が国内14、海外2。トータルで47物件、約390万平方メートルに上る。12年4月に同事業を開始して以降の累計投資額は約6100億円になる。

7物件は以下の通り。
①「三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)東名綾瀬」(神奈川県綾瀬市)
竣工予定2022年6月
②「(仮称)粕屋町物流施設計画」(福岡県粕屋郡)
22年9月
③「MFLP弥富木曽岬」(三重県桑名郡)
23年2月
④「MFLP新木場Ⅰ」(東京都江東区)
23年2月
⑤「MFLP新木場Ⅱ」(同)
23年度春
⑥「MFLP平塚Ⅲ」(神奈川県平塚市)
23年度春
⑦「MFLP海老名南」(神奈川県海老名市)
24年度冬

同社は併せて、機械化やデジタル化の加速、幅広い用途に使える「ミクスト産業施設」の拡大、物流系スタートアップ企業との連携強化、データセンターや冷凍・冷蔵倉庫の展開なども進める方針。


一部施設の完成イメージ(三井不動産プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

この記事の続報:三井不動産、新たに東京や神奈川など7カ所で物流施設開発へ★続報

物流施設/不動産カテゴリの最新記事