メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日立物流、シェアリングやサブスク、レンタルなどのサービス支援を開始

日立物流、シェアリングやサブスク、レンタルなどのサービス支援を開始

RFIDで個々の商品状態を管理、貸出予約システムとWMSも提供

日立物流は3月24日、RFIDを活用し、シェアリングやサブスクリプション、レンタルなどの事業展開を支援する新サービス「レコビズ」を始めたと発表した。

商品それぞれにRFIDを貼付して現在位置などを取得。事業者が入出荷や返却、メンテナンスなどの状況を把握できるようにする。貸出予約システムに加えて倉庫管理システム(WMS)をパッケージで提供。検索、返却フォローといった機能を提供するほか、専門事業者への修理・修繕以来やクリーニングも代行する。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

今後はレンタルEC事業者とAPI連携を進めることも想定している。


サービスの概要(日立物流ウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

その他カテゴリの最新記事