メルマガの配信元アドレスが変更となりました

ギークプラス、ロボット活用でDHLサプライチェーンの出荷業務効率40%改善

ギークプラス、ロボット活用でDHLサプライチェーンの出荷業務効率40%改善

国内最大級の保守部品倉庫で実施

中国の大手ロボットメーカーGeek+(ギークプラス)の日本法人は4月2日、DHLサプライチェーン(SC)と提携、物流ロボット「EVE」を活用した結果、出荷業務効率を40%改善することに成功したと発表した。

ギークプラスは昨年8月、DHLSCに対し、現場のロボット活用に関するコンサルティングを開始していた。

DHLSCが東京都内に構えている国内最大級の保守部品倉庫で、ロボットや工程に微調整を施す前にロボットの稼働率を観察しながら、12カ月間にわたり生産性データを回収・分析。ギークプラスは受注から発送までの厳しい時間管理、多種多様な商品サイズとSKU、DHLSCの既存の手作業工程などの需要を満たすためにロボット制御システムをカスタマイズし、AI(人工知能)とロボット技術を最大限に活用した。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事