メルマガの配信元アドレスが変更となりました

日本GLP、岡山・総社で3・2万平方メートルのマルチテナント型物流施設を着工

日本GLP、岡山・総社で3・2万平方メートルのマルチテナント型物流施設を着工

市内3カ所目、22年3月竣工予定

日本GLPは4月22日、岡山県総社市で延べ床面積約3万2000平方メートルの先進的物流施設「GLP岡山総社Ⅲ」の起工式を行ったと発表した。2022年3月の竣工予定。

「GLP岡山総社Ⅲ」は岡山自動車道の岡山総社ICに至近で、両備ホールディングスが開発・造成した岡山総社IC流通センター内に建設する。

岡山道と山陽自動車道の結節点に位置しており、日本GLPは近畿や中国、四国、九州地方をつなぐ西日本の物流拠点として広域配送に最適な立地と期待。また、同県内で希少なマルチテナント型物流施設を計画しており、既に総社市で稼働中の「GLP岡山総社Ⅰ」「GLP岡山総社Ⅱ」に次ぐ3棟目の開発物件となる。

「GLP岡山総社Ⅲ」の施設面の特徴は、汎用性の高い基本的な施設仕様に加えて、庫内休憩所や空調の設置など豊富なオプションの中から個別ニーズに合わせて、最適な施設仕様の提供が可能な点。最大4テナントの入居が可能で、ニーズに応じて2層使いにも対応、効率的なフロアオペレーションを実現できると見込む。

1階の床は飲料など重い荷物の保管にも対応できるよう耐荷重を強化。また、出荷をスムーズに行える両面バースを備え、物流業務の効率化をサポートするほか、出幅5・5メートルのひさしと、高さ5・2メートルのオーバースライダーをトラックバースに設けることで雨天時にも作業しやすい環境を確保する。

就労環境への配慮としては、庫内で働く人やトラックドライバーが利用できるコンテナハウス型の休憩スペースを屋外に設置することで、アメニティーの充実を図る。また、庫内に大型シーリングファンを設置し、作業がしやすく快適な環境を提供する。

さらに、隣接する「GLP岡山総社Ⅰ」「GLP岡山総社Ⅱ」との一体運用により、カフェテリア・売店、駐車場などの共用サービスを利用できることに加え、緊急時における免震施設としての管理機能や防災機能を連携、テナントの円滑で安心・安全な施設運営を後押しする。

「GLP岡山総社Ⅲ」は、GLPがグローバルな政府系投資機関および年金基金からの出資により18年12月に設立した物流不動産開発ファンド「GLPジャパン・ディベロップメント・パートナーズⅢ」による開発物件。日本GLPは本施設を含め岡山県下で合計5棟の物流施設を開発および運営している。

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

物流施設/不動産カテゴリの最新記事