富士経済「中国の産業用ロボット市場は25年に9838億円」

富士経済「中国の産業用ロボット市場は25年に9838億円」

小型垂直多関節ロボットなど組み立て・搬送系がけん引

市場調査など総合マーケティング事業を手掛ける富士経済は6月17日、2025年における中国の産業用ロボット市場(組み立て・搬送系、溶接・塗装系、クリーン搬送系、アクチュエーター系)は9838億円と18年比で2.7倍に拡大するとの予想を発表した。

最新リポート「急成長する中国新興ロボット関連プレーヤーの最新動向調査」で現状と展望を分析するとともに、現地ロボットメーカー19社およびロボット部材メーカー9社の動向についてまとめた。

中国では人手不足や賃金上昇への対応、スマートフォンや自動車関連をはじめとする主要分野の好調などから、今後も産業用ロボット市場は中長期的に堅調な拡大が見込まれると展望。

用途別ではこれまで自動車製造に使用される溶接・塗装系が市場をけん引してきたが、人手不足や人件費の高騰を背景に自動車以外でも需要が増加。近年は組み立て・搬送系が伸びているとし、今後はスカラロボットや小型垂直多関節ロボットなどが成長のドライバーになるとみている。

また足元のマーケットは設備投資の抑制により18年後半から伸び率は鈍化しているものの、19年後半から回復すると見通した。

このほか国家主導でメーカー、部材メーカーの育成なども進展。大手メーカーだけでなく中小も含めたさまざまなメーカーが実績を伸ばしており、「今後は新旧ロボットメーカーのシェア構造の変化が想定される」と指摘している。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事