新型コロナウイルス感染症への対応について

三菱ふそうの世界初EV小型トラック、納車実績がグローバルで150台突破

三菱ふそうの世界初EV小型トラック、納車実績がグローバルで150台突破

走行実績は累計160万キロメートル超、地球40周相当に

三菱ふそうトラック・バスは3月4日、世界で初めての量産型電気自動車(EV)小型トラック「eCanter(eキャンター)」の納車台数がグローバルで150台以上に達し、当初の目標を達成したと発表した。

eキャンターは2017年10月に販売を開始。日本ではこれまでに関東、東海、北陸の各エリアで計53台、海外は欧米で計101台を納車し、走行実績はグローバルの累計で160万キロメートルに上っている。地球を約40周してきた計算だ。

日本国内では運輸・物流や小売り、eコマース企業が導入。海外では造園や廃棄物処理といった分野でも活躍している。


「eCanter」(三菱ふそうトラック・バス提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事