メルマガの配信元アドレスが変更となりました

コカ・コーラ ボトラーズジャパン、西日本豪雨で浸水被害受けた広島・三原の大型自動倉庫が再稼働

コカ・コーラ ボトラーズジャパン、西日本豪雨で浸水被害受けた広島・三原の大型自動倉庫が再稼働

保管能力は被災前と同様の1万2000パレット確保、高層50メートル

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは4月27日、2018年7月の西日本豪雨で浸水の被害を受け、稼働を停止していた広島県三原市の本郷自動倉庫が同日再稼働したと発表した。

保管数量は自動倉庫が被災前と同様の1万2000パレット、平置き倉庫が1万パレットをそれぞれ確保。自動倉庫は高層50メートルと日本最大級。同社が進めている戦略的な物流改革「新生プロジェクト」の中で、中四国エリアの製品保管・供給の中核となっている。

今年6月に稼働を予定している新広島工場で製造した製品を同自動倉庫で保管できるようになり、中四国エリアで製品をより安定して供給できる体制が構築可能と見込む。


本郷自動倉庫の外観


自動倉庫の内部(いずれもコカ・コーラ ボトラーズジャパン提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事