新型コロナウイルス感染症への対応について

大和ハウスと東急不動産など、三重県桑名市と災害発生時の支援で協定締結

大和ハウスと東急不動産など、三重県桑名市と災害発生時の支援で協定締結

物流施設の共用部を避難場所として提供、物資の一時保管・集積なども

大和ハウス工業と東急不動産は7月3日、共同開発した物流施設「桑名ロジスティクスセンター」が立地している三重県桑名市と、地震などの災害が発生した際、同市民の生活支援で協力する旨を盛り込んだ協定を締結した。

災害の際、同施設を活用し、カフェテリアやトイレなど共用部分を避難場所として提供するほか、敷地内での支援物資の一時保管・集積、駐車場の提供などを行う。

協定には同市と両社のほか、物流施設を運営するため両社と日立キャピタル、エコ配グループで物流施設のアセットマネジメントを担うecoプロパティーズ(東京・西新橋)が共同出資して設立したSPC(特定目的会社)も参加している。

同施設は桑名市の工業団地内に位置し、地上6階建て(倉庫は5層)、延べ床面積15万8033平方メートルで2019年5月に完成した。


「桑名ロジスティクスセンター」の外観(大和ハウス工業資料より引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

物流施設/不動産カテゴリの最新記事