新型コロナウイルス感染症への対応について

【九州豪雨】走行可能ルート表示、九州支援に向かうトラックへ無料開放

【九州豪雨】走行可能ルート表示、九州支援に向かうトラックへ無料開放

カーナビアプリの機能拡張

ナビタイムジャパンは7月7日、トラック専用のカーナビゲーションアプリ「トラックカーナビ」に関し、通行可能なルートを表示する「走行実績マップ」を九州方面への物資輸送や支援に当たるトラックドライバーへ無料開放すると発表した。

通常はトラックカーナビを通じて取得した過去3カ月間の走行履歴を基にルートが通行できるかどうかを表示しているが、豪雨を受けて機能を拡張、より素早くデータを提供可能にした。毎日の走行実績を集積、翌朝に最新情報として更新している。

トラックカーナビは高精度な到着予想時刻表示のほか、車高・車幅・車長・大型車規制など車両別に走行実績が多い道路を考慮したルート検索、複数の訪問先の最適訪問順の自動計算、大型車が駐車可能な施設検索など幅広い機能を提供している。


走行実績マップのイメージ(ナビタイムジャパンプレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事