新型コロナウイルス感染症への対応について

のり面崩落した東北道の福島飯坂IC~国見IC(下り線)で通行止め続く★訂正

のり面崩落した東北道の福島飯坂IC~国見IC(下り線)で通行止め続く★訂正

他の区間は解除

※本文中、「上り線」としていたのは「下り線」の誤りでした。深くおわび申し上げます。

東日本高速道路(NEXCO東日本)によると、7月29日午前8時時点で、大雨の影響でのり面の土砂が崩落した東北自動車道の福島飯坂IC~国見IC(下り線)で通行止めが続いている。同区間以外の東北地方での通行止めは解除された。

NEXCO東日本は「崩落箇所の防護などの作業を進めているが、新たな崩落箇所が確認されたため、通行止め解除までにはなお時間を要する見込み」と説明しており、同日中の復旧を目指している。


新たな崩落箇所(左)と復旧状況(NEXCO東日本ウェブサイトより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

災害/不祥事カテゴリの最新記事