メルマガの配信元アドレスが変更となりました

Hacobu、事業所や拠点またいで情報可視化する配車管理サービスを7月5日提供開始

Hacobu、事業所や拠点またいで情報可視化する配車管理サービスを7月5日提供開始

拠点間での合い積みや戻り便活用による積載率、稼働率向上を支援

Hacobuは7月1日、新たな配車管理サービス「MOVO Dispatch(ムーボ・ディスパッチ)」を7月5日にリリースすると発表した。

新サービスは車両とドライバーを登録し、輸配送案件を割り当てることで、いつ、どの車、どのドライバーが
・どのような仕事を行う予定なのか
・どれだけの貨物を積む予定なのか(積載率)
・どれだけの時間、移動/休憩するのか
――が可視化され、配車業務を効率化。さらに、事業所や物流拠点をまたいで情報が可視化されるので、拠点間での合い積みや戻り便活用による積載率、稼働率の向上を支援できると見込む。


積載率が見える配車表画面

自動計算された移動時間を確認できる画面

(画像はプレスリリースより引用)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事