メルマガの配信元アドレスが変更となりました

AI活用した商品情報データベース作成のLazuli、食品・飲料業界向けの自動名寄せサービス提供を本格開始

AI活用した商品情報データベース作成のLazuli、食品・飲料業界向けの自動名寄せサービス提供を本格開始

商品名を検索しやすいよう自動加工も

AIを活用した商品の基本情報(マスター)データベース開発・提供を手掛けるスタートアップ企業のLazuli(ラズリ、東京都文京区小石川)は8月3日、食品・飲料業界向けの新たな商品データベース構築支援サービス「Lazuli PDP for F&B」の提供を同日から本格的に始めたと発表した。

様々な企業のデータベースにまたがって登録されている多様な商品のマスターデータを自動で名寄せし、個々の商品の特徴などを迅速に収集、販売動向などの分析をより精緻にできるようサポートするのが特徴。AIを駆使することで、データベース間でIDが異なっている商品の情報を同サービスで横断的に抽出、分析可能になり、効果的な販促や商品開発などにつなげられると見込む。

Lazuliはこれまで手作業で行っていた名寄せを自動化することで、販売やマーケティング用のデータ分析を正確かつ高度に行えると強調。食品・飲料の商品名からメーカー名や重さといった情報を自動的に除去し、より検索しやすいデータとして抽出するなど、商品の数が非常に多い食品・飲料業界の特徴を踏まえた機能も備えている。

現在、大手の飲料メーカーと食品加工・卸業の2社が導入しているほか、大手の小売業や卸売業など5社がテスト導入しているという。他のメーカーなどにも積極的に利用を働き掛ける予定。

オンラインで同日記者会見したLazuliの萩原静厳CEO(最高経営責任者)は「物流企業や大手EC事業者で自前の倉庫をお持ちのところなどにも関心を持っていただいている」と語り、物流業界にも利用を広げていきたいとの意向を示した。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事