メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】ホンダが「空飛ぶクルマ」開発に参入へ、30年代の実用化視野

【動画】ホンダが「空飛ぶクルマ」開発に参入へ、30年代の実用化視野

モーターとガスタービンのハイブリッド形式、旅客輸送や物流への活用想定

ホンダは9月30日、自動車やバイク、航空機などの事業を通じて磨き上げてきた燃料、電動、制御、ロボティクスといったコア技術を活用し、長い滑走路を必要とせず円滑に離着陸できる「空飛ぶクルマ」の開発に参入すると発表した。旅客輸送や物流への活用を想定している。

モーターとガスタービンのハイブリッド形式を採用、航続距離が最大400キロメートルと長い独自の電動垂直離着陸機「Honda eVTOL」の開発を目指す。安全な運航を後押しする管制システムや旅客輸送の際の予約システムなどにも併せて取り組む見通し。2030年代の実用化を視野に入れている。

同社はこのほか、小型ロケットや月面での循環型再生エネルギーシステムなど宇宙事業にもチャレンジする方針を明らかにした。


「Honda eVTOL」のイメージ(ホンダウェブサイトより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事