メルマガの配信元アドレスが変更となりました

マツキヨとメディセオ、在庫最適管理で受発注・納品業務削減など「効率的な物流追求」へ

マツキヨとメディセオ、在庫最適管理で受発注・納品業務削減など「効率的な物流追求」へ

医療用医薬品の流通最適化モデル構築目指し新たな取り組み開始

マツキヨココカラ&カンパニーとメディパルホールディングスは10月29日、マツキヨとメディパル傘下のメディセオが「持続可能な社会を実現するための新たな医療用医薬品流通最適化モデル構築の取り組み」を開始したと発表した。

店舗ごとに最適な医療用医薬品の在庫量を分析、管理して両社間の受発注・納品業務を減らし、車両燃料に起因するCO2排出量を削減。併せて、医療用医薬品の受発注、検品、棚詰めなどの作業を効率化し、物流に関する従業員の労働生産性向上を図るとともに、薬剤師の本来業務への時間を創出し、地域医療に貢献できる体制の構築を目指す。

さらに、納品・検品の回数を大幅に減らすなど、両社で効率的な物流を追求し、多様化する働き方のニーズに対応できる環境を作る。SDGs(国連の持続可能な開発目標)が世界的に重視されているのに対応する。

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事