画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

日本通運、災害時や医薬品を想定したドローン輸送実験を実施

日本通運、災害時や医薬品を想定したドローン輸送実験を実施

国内物流業界初の夜間飛行、走行中のトラックから離陸も

日本通運は12月22日、日通総合研究所と連携し、災害時の輸送や医薬品の緊急輸送などを想定したドローン活用の実証実験を、NXグループ伊豆研修センター(静岡県伊豆の国市)で12月10日に実施したと発表した。

災害時の24時間対応を確立するため、国内の物流業界で初めて夜間飛行を実施。専用の離着陸設備「ドローンポート」を使えない場合を想定し、走行中のトラックや軽斜面からのドローン離着陸なども行った。

遠隔地から医薬品を輸送する場面を仮定し、既存の航空貨物輸送とラストワンマイルを担うドローン空輸を一貫して実施する場合の品質をチェックするため、日通が独自開発した梱包資材を利用し、保冷・保温の温度帯管理や位置情報追跡なども試行。実用化に向けた課題を洗い出した。

日通は今後もドローンの安全運航と利用拡大に向け、取り組む方針。


実験の様子(日通プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事