JILSは訴える、「“モノ”がある限り、物流は止まらない。」

JILSは訴える、「“モノ”がある限り、物流は止まらない。」

大学生向けの小冊子を制作・配布

日本ロジスティクスシステム協会(JILS)はこのほど、大学生をメーンの対象にしてロジスティクス・物流に関する専門小冊子「KEEP ON MOVING!」を制作した。

表紙を含めて全12ページ。社会や産業界においてロジスティクス・物流がいかに重要な役割を果たしているかを解説するとともに、仕事としての魅力などをアピールして人材の裾野を広げることを目指す「ロジスティクス・物流研究プロジェクト」活動の一環として取りまとめた。

サブタイトルを「“モノ”がある限り、物流は止まらない。」に設定。主要企業の最新実例を取り上げながら、「“運ばない”ことこそ究極の効率化」「ICTで進化する物流ソリューション」などと目を引く見出しを打ち出し、ロジスティクス・物流の基本的事項と最新動向をつかめるよう配慮している。

大学の学生に配布してロジスティクス・物流業界を知ってもらうとともに、企業の新入社員研修などで活用してもらいたい考え。


小冊子の表紙

(藤原秀行)

小冊子のダウンロードはコチラから

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

協会・団体カテゴリの最新記事