ブルーイノベーション、中国のドローン物流企業と提携

ブルーイノベーション、中国のドローン物流企業と提携

今年10月に日本で実証実験開始、屋内配送など試行へ

ドローン(小型無人機)の運航管理システム開発などを手掛けるブルーイノベーションは7月15日、中国でドローン物流に取り組むベンチャー企業のANTWORK(アントワーク、迅蚊)と提携したと発表した。

今年10月に日本で両社の技術を連携したドローン物流の実証実験を始める予定。他のドローン関連企業にも参加を呼び掛けている。

アントワークは2015年設立。中国郵政とドローンを使った速達郵便サービスを展開。アリババグループなど向けにもドローン物流を提供している。

ブルーイノベーションが開発しているドローン専用の自動離着陸場装置などとアントワークが持つドローンによる荷物配送のノウハウを組み合わせ、日本で早期のドローン物流実現へ足場固めを図る。

実証実験は当初、商業施設など建物の屋内でドローンを使って荷物を運んだり、操縦者の目が届く近距離でドローンを飛ばしたりすることから始めるとみられる。


提携に際して握手する両社首脳


アントワークのドローン(いずれもブルーイノベーションプレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事