西濃運輸、GPS活用した配達先チェックシステムを導入

西濃運輸、GPS活用した配達先チェックシステムを導入

位置情報蓄積、迅速な到着サポート

西濃運輸は10月17日、ドライバーの作業負荷軽減のため、GPSを活用した配達先チェックシステムを導入すると発表した。

各ドライバーが持つ携帯端末(ハンディーターミナル)とスマートフォンの位置情報を使い、配送先の電話番号に配送時の電子サイン取得位置をひも付けてサーバーに記録。同じ配送先を次回以降訪問する際にデータを使うことですぐにたどり着けるようサポートする。

将来は、配達に関するデータを蓄積し、最適な配達経路を自動的に算出、ナビで誘導する仕組みを展開することを視野に入れている。新人ドライバーでもスムーズに配達できるような環境を整備する。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

セイノーホールディングスカテゴリの最新記事