サムライインキュベート、アフリカで物流など手掛けるスタートアップ支援のファンド組成

サムライインキュベート、アフリカで物流など手掛けるスタートアップ支援のファンド組成

総額20億円、ケニアなど3カ国中心

サムライインキュベートは1月9日、傘下のサムライインキュベートアフリカが、アフリカ大陸へ物流などの分野で進出を図っているスタートアップ企業を支援する新たなファンド「Samurai Africa Fund 2号投資事業組合」(アフリカ2号ファンド)を組成したと発表した。経済成長が見込まれるアフリカでの活躍を後押しし、新たな技術やサービスの確立につなげる。

サムライインキュベートは既に同趣旨の1号ファンドを運営、創業期のスタートアップ企業18社をサポートしている。支援活動をさらに拡大するため、新たなファンドの立ち上げを決めた。総額20億円を目標として出資者を募集していく。

アフリカ2号ファンドはケニア、南アフリカ、ナイジェリアの3カ国を中心として、金融・保険、物流、医療・ヘルスケア、小売り・EC、エネルギー、農業、交通・モビリティ、エンターテインメントの分野で進出を図っているシード(創業期)からシリーズA(成長期)のスタートアップ企業を投資対象に設定している。投資金額は500万~5000万円程度の見通し。


サムライインキュベートの榊原健太郎代表取締役(中央)らファンド関係者(同社提供・クリックで拡大)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事