新型コロナウイルス感染症への対応について

乾汽船、アルファレオの議決権所有割合が3月末時点で30・55%と開示

乾汽船、アルファレオの議決権所有割合が3月末時点で30・55%と開示

株主総会前の事前質問に回答、従来の見解繰り返す

乾汽船は6月18日、筆頭株主の投資会社アルファレオホールディングス(HD)の議決権所有割合が今年3月末時点で30・55%に達していると発表した。

併せて、アルファレオHDから定時株主総会を前に送付された事前質問状への回答内容を公表した。乾汽船の取締役会と監査役それぞれに質問状を送っているが、外航海運事業の不振などの責任を取って過去の取締役報酬返還や今後の報酬減額の考えがあるかどうかただしたのに対して、「各年度の報酬額は適正な水準であると考える」と表明するなど、基本的に従来の見解を繰り返している。

乾汽船は6月19日午前に東京都内で定時株主総会を開く予定。アルファレオHDが提出している全持ち合い株式売却など4議案への賛成票が他の株主からどの程度集まるかが焦点となる。

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

経営/業界動向カテゴリの最新記事