新型コロナウイルス感染症への対応について

お菓子宅配のスナックミーがベンチャーキャピタル4社や政策公庫などから2・6億円調達、ロジスティクスなど強化へ

お菓子宅配のスナックミーがベンチャーキャピタル4社や政策公庫などから2・6億円調達、ロジスティクスなど強化へ

累計で6億円に、ユーザー規模で国内首位目指す

体にやさしいユニークなお菓子を継続的に宅配するサブスクリプションサービス「snaq.me」を展開するスタートアップ企業のスナックミー(東京都中央区日本橋箱崎町)は9月3日、W ventures、デライト・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、Future Food Fund(オイシックス・ラ・大地のコーポレートベンチャーキャピタル=CVC)の4社を引受先とする第三者割当増資を行ったと発表した。

併せて、日本政策金融公庫などからの融資も取り付け、合計約2・6億円の資金調達を果たした。累積の資金調達総額は約6億円に達した。

スナックミーは調達した資金をロジスティクスなどのオペレーション強化に向けた投資や人材採用拡充に充てる。2021年末までにsnaq.me以外の2ブランドを新規に展開し、現状の2倍以上に相当する200社の生産者と取引を実施、お菓子のサブスク分野で国内トップのユーザー規模を目指す。

snaq.meは自然素材を用いたお菓子100種類以上を、ユーザーの好みを踏まえて毎月変えて届けており、組み合わせは1000億以上に達するという。16年3月のサービス開始から月次で5~10%の事業成長を達成、100社以上の生産者と取引関係にある。


スナックミー関係者(同社提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

経営/業界動向カテゴリの最新記事