メルマガの配信元アドレスが変更となりました

【動画】アマゾン、物流拠点でAI活用したソーシャルディスタンス確保支援技術を導入

【動画】アマゾン、物流拠点でAI活用したソーシャルディスタンス確保支援技術を導入

2メートル以上取れているかを自動チェック

アマゾンジャパンは2月22日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、国内の物流・配送拠点に、AI(人工知能)を活用した従業員同士のソーシャルディスタンス確保支援技術「ディスタンス・アシスタント」を導入したと発表した。既に米国では展開しており、日本の現場にも取り入れた。

カメラの前を人が通ると、撮影した映像で従業員の間の距離を測定し、2メートル以上取れているかどうかをリアルタイムでチェック。モニターには他の人が2メートル圏内にいるかどうかをインジケーター(円)で表示し、周囲の人との距離を直感的につかめるよう支援、適切な距離を保つようスタッフに注意を促している。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

相手から2メートル以上離れていればモニターに緑の円、2メートル以内の場合は黄色の円、さらに距離が近い場合は赤の円をそれぞれ表示している。

同社はこの技術を一般公開しており、個人や企業が無料でソフトウエアのダウンロード可能。



他の人との距離を円の色で明示している(アマゾンジャパン提供)

(藤原秀行)

災害/事故/不祥事カテゴリの最新記事