メルマガの配信元アドレスが変更となりました

パナソニック、小型ロボットで処方箋医薬品と弁当を配送

パナソニック、小型ロボットで処方箋医薬品と弁当を配送

神奈川・藤沢の住宅街で3月5日に実証実験開始

パナソニックは3月4日、神奈川県藤沢市の「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で、小型低速ロボット2台を用いて店舗から住宅へ商品を届ける実証実験を同5日に開始すると発表した。

調剤薬局のアインホールディングスと連携し、処方箋医薬品をアイン薬局のFujisawaSST店、冷蔵品の弁当をエリアの商業施設「湘南T-SITE」からそれぞれ利用者が指定した日時に住宅へ配送する。屋外で小型低速ロボットが医薬品を運ぶのは日本初という。

2台の小型低速ロボットはいずれも公道を走行。遠隔で常時オペレーターが走行状態を監視している。医薬品の配送は患者がアイン薬局の薬剤師からオンライン服薬指導を受けた後、小型低速ロボットで医薬品を受け取る。新型コロナウイルスの感染下、診察から服薬指導、医薬品の受け取りまでの一連の流れを非対面で完結できると見込む。

併せて、複数店舗と住宅をつなぐ配送サービスを提供することで、地域住民がいつでも気兼ねなく、なじみのお店の味を自宅で楽しめるようにしたり、買い忘れた日用品がすぐに自宅で受け取ることができるようにしたりすることも想定している。

パナソニックは昨年11月、小型低速ロボットを用いた住宅街向け配送サービス実証実験を開始。公道走行の際の技術的な検証を重ねてきた。今回の配送サービスを通じてエリア内の店舗と住民をつなぐ配送インフラ構築に向けた取り組みを加速する。

今回の研究開発と実証活動の一部は、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の補助を受けて実施している。実験は3月5~26日の木、金曜日にそれぞれ行う。


実験のイメージ(パナソニック提供)

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事