メルマガの配信元アドレスが変更となりました

豊田自動織機、人間工学に基づき製造工程の身体負荷解析アルゴリズムを開発

豊田自動織機、人間工学に基づき製造工程の身体負荷解析アルゴリズムを開発

作業内容改善で高年齢スタッフも働きやすく

豊田自動織機は6月3日、安全で快適な職場環境を整備するため、エルゴノミクス(人間工学)に基づき製造工程を評価するための作業姿勢分析システムを開発したと発表した。

同システムはビデオカメラで撮影した作業の映像データから、独自のアルゴリズムによって作業者の作業姿勢を高精度に測定し、身体的負荷を自動で評価。従来は人手に頼っていた目視による作業姿勢の測定および身体的負荷の評価を自動化したことで、評価時間を大幅に短縮するとともに、より正確に評価できるようになったという。

2020年中ごろから同社の高浜工場(愛知県高浜市)を中心に導入を開始し、今年5月からは国内全工場で作業改善に活用している。

近年、社会課題となっている高齢化への対応は、同社においても重要課題の1つ。特に製造工程は高年齢作業者も安全で快適に従事できるよう、作業姿勢をはじめ、身体に負荷が掛かる要素を定量的に評価の上、作業改善などの対策を継続して実施している。

今回開発した作業姿勢分析システムは、映像内の作業者の中から評価対象者のみを自動で特定し、2次元の骨格を抽出。人物の体の向きを考慮して3次元の骨格を推定することで腰や膝の角度を高精度に測定し、身体的負荷のレベルに応じて作業姿勢点を算出する。

得られた評価結果を分析映像とグラフで可視化、身体的負荷の高い作業姿勢と改善すべき点の判別を容易にしている。1工程当たりの評価時間を従来方法から約85%低減し、大幅な効率化を実現した。

21年度は、より安全で快適な職場づくりを目指して、高年齢化対応以外の作業改善にも同システムを積極的に活用し、利用件数は約1200件、評価時間は約1540時間の低減を見込んでいる。

今後は収集した作業映像をデータベース化し、改善事例を全工場で共有することで作業改善を効率化したり、分析データを比較することで作業訓練を効率化するなど、さらに幅広い活用も検討していく。



(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事