メルマガの配信元アドレスが変更となりました

北海道稚内市で複数のドローンが同一空域で安全飛行するための運航管理システム実証実験へ

北海道稚内市で複数のドローンが同一空域で安全飛行するための運航管理システム実証実験へ

NEDO事業の一環、NECやANAHD、アインHDなど参加

BIRD INITIATIVEは6月17日、パーソルプロセス&テクノロジーが国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から受託した事業「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト/地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業」に関する公募に、NECと北海道稚内市、ANAホールディングス、特定非営利活動法人Digital北海道研究会(北海道ドローン協会)、FRSコーポレーション、HELICAM、情報・システム研究機構国立情報学研究所(国立情報学研究所)、アインホールディングス、東京海上日動火災保険と共同提案し、採択されたと発表した。

政府は2022年度をめどに、都市部上空でドローンが操縦者の目が届かない遠距離を自律飛行する「レベル4」を解禁する方向で準備を進めている。この目標実現に向け、NEDOによるドローン・ロボットの開発促進や社会実装するためのシステム構築と飛行の試験が2017年から実施されている。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

今回の実証では、地域特性・拡張性を考慮した運航管理システムの実証事業として、複数のドローンが同じ空域で安全かつ効率的に飛行できるようにするドローン運航管理システム(UTM)の実証実験を、稚内市における地域課題解決に向けたユースケースを対象に実施。8~9月の間に、約1週間の実証実験を2回行う。各社の役割は、以下の通り。

・BIRD INITIATIVE:
UTMの機能を実装した運航管理サブシステム(UASSP)を運用して、運航管理統合機能(FIMS)や運航事業者(UASO)との接続性の検証。さらに欧米で採用されている分散型UTMを利用した実証実験を行う。

・NEC/国立情報学研究所:
分散型のUTMではドローン間の衝突回避のために、運航事業者間での利用空域の調整・交渉が重要となる。NECは、理化学研究所や産業技術総合研究所と共に研究開発している自動交渉AI技術と、国立情報学研究所と共に研究しているデジタルツイン技術とを活用して、稚内市を仮想空間内に再現しドローンの衝突回避シミュレーション実験を行う。

・ANAホールディングス/アインホールディングス:
医師の偏在、医療アクセスの悪化や過疎地における処方箋医薬品の配送課題に対して、市立稚内病院・アイン薬局が連携して患者とオンライン診療・オンライン服薬指導を実施し、ドローンによる処方箋医薬品配送の実証実験を行う。

・北海道ドローン協会/FRSコーポレーション/HELICAM:
北海道の水産都市では、定置網内の魚がアザラシなどに食べられてしまう被害や、ホタテやアワビなどが密漁される被害が深刻であり、この被害を減らすためにドローンによる監視等の実証実験を行う。

・東京海上日動火災保険:
分散型UTMでの責任の所在の分析など、UTMを用いたドローンの運航に関するリスクマネジメントの網羅的な検討を、実証実験への参加を通して行う。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

(画像はプレスリリースより引用)

(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事