新型コロナウイルス感染症への対応について

日立ソリューションズ、「グローバルSCMシミュレーション」をクラウドで提供

日立ソリューションズ、「グローバルSCMシミュレーション」をクラウドで提供

収益やキャッシュフロー目標達成へ必要な生産量など試算、災害時の調達経路見直しにも対応

日立ソリューションズは7月15日、サプライチェーンをサイバー空間に再現し、クラウドベースで製造プロセスの改善を後押しする「グローバルSCMシミュレーションサービス」の提供を開始したと発表した。

収益やキャッシュフローの目標値を実現するための生産量や調達経路、販売経路、輸送経路など、さまざまな試算を行う。需給量の変動や生産・販売施策を組み合わせた複数のシナリオで利益やコストを比較し、最適な生産、販売計画を迅速に立案できる仕組み。

同社はサービスを利用する企業にとって企画、営業、製造の各部門が実際のデータに基づき議論する一助となり、担当者の勘や経験に大きく依存した属人的な現場オペレーションから脱却し、合理性の高い意思決定を迅速に行えるようになると見込む。

さらに、需要増加に対応するための生産計画に加えて、災害が発生した際の調達経路の見直し、新たに参入する地域での販売計画、輸送経路の統廃合の計画など、多岐にわたる用途に活用できるとみている。IoT(モノのインターネット)機器を通じてリアルタイムに収集した設備稼働時間や生産量、作業員の作業実績、消費電力などのデータを適宜活用することも可能。


画面でシナリオを提示したイメージ(BIツールを利用した例、日立ソリューションズ提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事