新型コロナウイルス感染症への対応について

ヒアテクノロジーズ、日本で21年に地図情報活用した宅配効率化ソリューション提供開始へ

ヒアテクノロジーズ、日本で21年に地図情報活用した宅配効率化ソリューション提供開始へ

オンライン会見で説明、連携の三菱商事も共同配送や貨客混載促進など準備

オランダのデジタル地図大手HERE Technologies(ヒアテクノロジーズ)は11月4日、オンライン会見を開き、日本などアジア太平洋地域での事業戦略について説明した。この中で、日本では高精度のデジタル地図を活用し、2021年にラストワンマイル宅配の効率化をサポートする企業向けソリューションの提供を始める計画を明らかにした。

ヒアテクノロジーズに出資している三菱商事の担当者も会見に参加し、人手不足をはじめさまざまな課題を抱える物流領域を対象に、ヒアテクノロジーズと連携して共同配送の導入支援、タクシーやバスなどの客室で荷物を運ぶ「貨客混載」促進などを手掛けていく方針を示した。

会見では冒頭、ヒアテクノロジーズのスタニミラ・コルヴァ・アジア太平洋地域担当総責任者兼上席副社長が登壇。「アジア太平洋地域のマーケットはますます重要度を増している」との見解を重ねて表明するとともに、「自動運転に向けたソリューションの展開も果てしなく見えてくる」などと強調。次世代高速通信規格の5Gなど新技術の活用にも積極的に取り組み、同地域で新たなサービスを展開していきたいとの姿勢をアピールした。

続いて、マイクロソフト出身でヒアテクノロジーズの日本法人ヒアジャパンの社長に5月1日付で就任した高橋明宏氏が登場。「ヒアにとって日本は非常に重要な市場」と明言するとともに、実用性や汎用性をより高め、ユーザーの要望に応じて容易にカスタマイズ可能な高性能のデジタル地図を開発、提供していく意向を明らかにした。

さらに「特定の業界が抱える課題の解決に寄与していく」と明言。物流に関してはラストワンマイル配送や倉庫間をつなぐ「ミドルマイル」の配送を効率化する新たなソリューションを21年以降に展開していく準備を進めていることに言及した。

ゲストとして、三菱商事の田代浩司HEREプロジェクト室長が参加。物流関連のソリューションとして、共同配送による物流業務改善効果の試算、パレットなどの資材位置のリアルタイム把握、貨客混載の配送計画策定といった内容を想定していると解説。既に物流企業と連携して実証実験に着手していることを明かした。田代室長は「ヒア社と同じく21年度以降の商用化を目指していきたい」と語った。

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事