ただいまβ版を配信中 LOGI-BIZ online

GROUND、AI物流ソフトウエアのアルゴリズムで特許取得

GROUND、AI物流ソフトウエアのアルゴリズムで特許取得

拠点内の在庫配置最適化など実現

物流現場向けロボットなどを手掛けるスタートアップ企業のGROUND(東京)は3月4日、自社で開発を進めているAI(人工知能)を活用した物流現場向けソフトウエア「DyAS(ディアス)」の中核を担っているアルゴリズムで特許を取得したと発表した。

特許の対象はDyASを構成するモジュールのうち、「拠点内在庫配置最適化(Dynamic Inventory Allocator=DIA)」と「リソース配分最適化(Dynamic Resource Allocator=DRA)」を実現するためのアルゴリズム。

物流施設内に収められている大量の商品を効率的に入出庫・荷合わせ、輸配送していくことをサポートするとともに、施設内での商品の最適な配置を計算する。


アルゴリズムによる在庫配置最適化のイメージ(GROUND提供)※クリックで拡大

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

その他(その他企業・団体)カテゴリの最新記事