住友商事が冷蔵技術開発のマーズカンパニーに出資

住友商事が冷蔵技術開発のマーズカンパニーに出資

鮮度保持効果の高い製品でコールドチェーン構築に寄与

住友商事は3月14日、冷蔵技術の研究・開発を手掛けるMARS Company(マーズカンパニー、群馬・高崎市)に出資したと発表した。

マーズ社の鮮度保持効果の高い製品・技術を活用して40フィートコンテナの開発や国内外で冷蔵装置の拡販を図り、協業を通じて食品の鮮度保持技術の向上やコールドチェーンの構築に寄与していく。

マーズ社は氷点下でも生鮮食品を凍らせずに鮮度保持が可能な冷蔵装置「蔵番」、海水などから氷を作る技術「sea snow」などを展開。国際協力機構と共同でモロッコにて水産物を長期鮮度保持する実証事業を行っている。


MARS社の主力製品 「蔵番」(住友商事ニュースリリースより)

MARS社の主力製品 「sea snow」(住友商事ニュースリリースより)

住商はマーズ社と通常の冷蔵コンテナよりも格段に鮮度保持の効果が高い40フィートコンテナを開発し、海上輸送による流通範囲の拡大や輸送コストの削減につなげる。これにより生鮮食品の輸出促進を目指す国や地域からの需要が期待できるという。

また住商グループの住商フーズ、住商グローバル・ロジスティクスなどと協業し、国内外でマーズ社製品の販売・リース・プロジェクト管理をサポートすることで事業拡大を目指す。

(鳥羽俊一)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊19,800円、1ヶ月当たり1,650円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

住友商事カテゴリの最新記事