新型コロナウイルス感染症への対応について

古河産業など3社、重量物運搬ドローン開発へ任意団体設立

古河産業など3社、重量物運搬ドローン開発へ任意団体設立

技術者育成や実務も担当、人手不足の物流業界など支援が狙い

古河電気工業傘下の商社、古河産業は5月25日、ドローン(無人飛行機)やロボットの設計などを担う五百部商事(宇都宮市)、ドローンを使った撮影や測量などを展開しているKELEK(東京都八王子市)と連携し、ドローンやロボットの開発運用に関する任意団体「FUTURE DRONE SYSTEMS(FDS)」を4月1日付で立ち上げたと発表した。

50キログラムの重量物を運搬できるドローンや深浅測量用の自動航行ボートの開発を目指すほか、技術者の育成なども手掛け、人手不足に悩む物流などの業界を支援するのが狙い。ドローンによる物資運搬やインフラ点検、測量といった実務も請け負う。


FDSのロゴマーク(古河産業提供)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事