画面右下のベルマークから『プッシュ通知』受け取れます(iOSなど一部環境を除く)

IHIとSpace BD、自動船舶識別装置用の受信機搭載した超小型衛星「IHI-SAT」をISSへ打ち上げ

IHIとSpace BD、自動船舶識別装置用の受信機搭載した超小型衛星「IHI-SAT」をISSへ打ち上げ

混雑した海域でも利用可能に

IHIとSpace BDは2月28日、IHIが開発し、Space BDが打ち上げに関する全てのサポートを提供した超小型衛星「IHI-SAT」が、国際宇宙ステーション(ISS)への打ち上げに成功したと発表した。自動船舶識別装置用の受信機を搭載している。

「IHI-SAT」は、2月20日午前2時40分(日本時間)にNASAワロップス飛行施設中部大西洋地域宇宙基地(米国バージニア州ワロップス島)から、アンタレスロケットにより打ち上げられたノースロップ・グラマン社のシグナス補給船に搭載された。シグナス補給船でISSに輸送後、日本実験棟「きぼう」から超小型衛星放出機構「J-SSOD」によって宇宙空間へ放出され、約1年間の運用を予定している。

国際物流の90%以上を占める海上輸送では、衝突防止などを目的として、自船の位置や速度情報などの信号を周辺の船舶や陸上局に送信するAIS(Automatic Identification System=自動船舶識別装置)の搭載が、一定の基準を満たす船舶に義務付けられている。IHIグループではこれまで、海上物流の効率化や海洋監視などのニーズに応えるため、AIS衛星による船舶位置情報データのプロバイダーと提携し、船舶位置情報サービスを提供してきた。

IHI-SATは3U(寸法:約10センチメートル×約10センチメートル×約34センチメートル)サイズの超小型衛星で、船舶が発信するAIS信号を宇宙空間で受信するシステムを搭載しており、その機能実証を主なミッションとしている。AIS受信システムは多数の船舶が発信する信号を高精度にデジタル化し、個別の船舶信号に分離・識別することが可能で、混雑した海域でも船舶の動きを把握できる。

また、人の手が届かない宇宙空間で衛星機器の不具合が発生した際に、自己診断など複数の復旧手段により、ミッションを継続できるロバストなシステムを有している点も特徴。

Space BDは、これまで進行中のプロジェクトを含む50機以上の衛星打ち上げサポートで培った技術力や知見を基に、IHI-SATの打ち上げ・放出に関する全ての技術調整・安全審査・官辺申請などのサポートをワンストップで提供。IHI初の衛星実証プロジェクトとして2018年の初動段階からサポートしてきた。

(画像はIHIとSpace BD提供)
(ロジビズ・オンライン編集部)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事