楽天と西友が国内初、自動走行ロボットで商品をお届け

楽天と西友が国内初、自動走行ロボットで商品をお届け

神奈川・横須賀で1カ月間実施、精肉や野菜など取り扱い

楽天と西友は9月19日、自動走行ロボット(AGV)を用いた一般消費者向けの商品配送サービスを国内で初めて、同21日から10月27日までの間、神奈川県横須賀市で実施すると発表した。

同市内の「西友リヴィンよこすか店」から近隣の「うみかぜ公園」まで、スマートフォンの専用アプリからの注文を受け、店舗にある約400品目を指定された時間に、公園内に設けた専用の受け取り場所に届ける。取り扱うのは精肉や野菜、飲料、酒類、ばんそうこうなど。配送料は1回当たり税込み300円。

注文の受け付けは各実施日の午前8時に開始、最大1日12件の配送を予定しているが、雨天など悪天候の際は中止する可能性がある。当日の配送の可否はアプリで確認できる。

両社は今年7月から9月までの予定で、同じく横須賀市内の離島・猿島と同店舗の間をドローン(無人飛行機)で結んでバーベキュー用食材などを届ける配送の実証実験を展開している。AGVによる配送も行い、将来の本格的な自動宅配につなげていきたい考え。


AGVによる配送のイメージ(楽天プレスリリースより引用)

(藤原秀行)

月刊ロジスティクス・ビジネス

CTA-IMAGE ロジスティクスの実務家たちのニーズに応える“濃い”情報が本誌の売りです。本誌は書店では販売しておりません。1年12冊20,400円、1ヶ月当たり1,700円で、弊社があなたのお手元に直接お届けします。バックナンバーを無料で公開していますので、その価値をご判断下さい

楽天カテゴリの最新記事