メルマガの配信元アドレスが変更となりました

三菱電機、生産・物流現場向けに「人と協調するAI」を開発

三菱電機、生産・物流現場向けに「人と協調するAI」を開発

AGVがフォークに道を譲ることなど想定

三菱電機は6月3日、生産・物流現場向けに「人と協調するAI(人工知能)」を開発したと発表した。

同社のAI技術「Maisart(マイサート)」の1つで、熟練者の最適な操作をベースにして、自ら最適な操作を推定・学習する「逆強化学習」を使い、人が操作しているかのような自然な動作を機械ができるようにする。

国際物流総合展2021 第2回 INNOVATION EXPO

例えば、AGV(無人搬送車)が人間の乗ったフォークリフトと出会った際、フォークリフトが遅滞なく動けるようバックして道を譲ることが可能となる。シミュレーションしたところ、生産・物流現場のような人と機械が混在している環境で作業効率を従来比30%高めることができるとの結果を得たという。

また、逆強化学習は少ないデータでより効率的に学習できる点も強み。これまでの熟練者の最適な操作自体を模倣学習する“教師あり学習”の場合より必要な運転操作データの量が10分の1以下で済むとのシミュレーション結果が出たという。

同社は今後、人と機械が混在している作業環境での実運用や自動運転への適用に向け、さらに開発を進める方針。


「人と協調するAI」の概要(三菱電機プレスリリースより引用)※クリックで拡大

(藤原秀行)

テクノロジー/製品カテゴリの最新記事